ホーム > 業務内容 > 契約書関係

IT・知財

あなたが交わした契約書。
自社に不利益ではありませんか?


IT(Information Technology)のジャンルは権利関係が複雑で、発注する側に有利な契約書がつくられる傾向があります。
内容を正確に理解して不利益を被らないようにしないと、思わぬところで責任を問われ、損害賠償を請求されることがあります。

知的財産に関する取引

著作権、特許権、商標権など、企業の技術やデザイン、信用、標識などを守る重要な権利が知的財産権です。
コンテンツやソフトウェアの製作に関する契約、知的財産権のライセンス契約などの契約書は、法律の専門家のチェックがあると安心です。例をあげると、ソフトウェアの開発では、既存のものをアレンジした部分の権利関係はどうなるのか、その販売方法によってもさまざまなパターンが考えられます。トラブルにならないために、契約書を整えてリスクヘッジをしましょう。

弁護士の役割

ライセンス契約
契約相手に対してビジネス上の駆け引きをしながら法律的な知識でサポートします。

・知財の権利行使・紛争処理
取得した自社の権利を、他人が無断で使用しているときには、無断使用を差し止めたり、損害賠償を求めます。

・個人情報
保管している個人情報が外部に漏れないように厳密に管理すること。また、個人情報取得の際に、意思確認を明確にするための同意書をとるなど法的にバックアップします。

IT・インターネット・情報通信

ITの急激な発展によって、IT関連の紛争が増えています。
この分野は、特許、電子商取引、広告規制、個人情報保護など、関係する法律が多岐にわたります。
一般的な法律問題だけにとどまらず、ITの技術や業界の実務にまで踏み込んだ法務サポートをお任せください。

弁護士の役割

・IT関連事業で起こりがちなリスクを、契約書、仕様書、約款に明記することで回避します。
・新事業やサービスが法律的に問題ないかを調査します。
・事業展開によって発生したトラブルに対応します。

ビジネスの現場では、いつなんどきトラブルに巻き込まれるかわからず、取引の数だけ契約書が必要になるといっても過言ではありません。また、ケースによって適用される法律が違うため、逐一相談できる顧問弁護士を置かれることをおすすめします。